「生活と芸術ーアーツ&クラフツ展」ウィリアム・モリスから民芸まで

「役にたたないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない。」ウィリアム・モリス 久方ぶりの、東京都美術館。 古いけど、とてもすきな美術館です。 19世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動「アーツ&クラフツ」の広がりを展示。料金1500円は「いつからこんんなにたかくなったのさ」状態。 でも生活を美しく彩ることに価値を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみがえる黄金文明展~ブルガリアに眠る古代トラキアの秘宝~

大丸ミュージアムで開催中。 紀元前にさかのぼる、ブルガリア地方にあったトラキア人の遺物を展示。 文明の十字路である、いろいろな文化の影響をうけているのだろうけど、ツボの絵や、金細工などとても写実的で、美しい。紀元前でしょ~~。 日本人はきんきらぴかぴかが大好きですから、金の出土品が多かったけど、展示の説明文がわかりやすく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「つぐない」と、原作「贖罪」

「ルドルフ」中毒から抜け出せないまま、でも、小休止。よいものは、やはり、よい。 本日わざわざ下高井戸までお出まし。(「ルドルフ」で有楽町が一気に近くなった私には以前より東京は近い、乗り換えもOKなり) その途中まで、ずっと原作「贖罪」(イアン・マキューアン)を読み続ける。 上巻は重い…なかなか読み進まない。最後がロビーの母親の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドルフ THE LAST KISS

帝国劇場で日本初演のミュージカル。 主役は、井上芳雄。 このかたのデビューは芸大学生中に「エリザベート」のルドルフ。 この作品は、師匠に引きずられた最初のミュージカル記念すべき作品。良くできていました。それから早数年。ひきずられるのではなく、いまや金欠をかかえつつの劇場がよい。 次は、「マリーアントワネット」のフェルゼン。な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国宝 薬師寺展

連休中、おもわずニートになりそうな私。最終日にレッツゴーで東博へ。 さわやかな5月、いいね上野公園。 もっと歩きやすい靴で来るべきだった。でも、もう夕方3歩手間。 「やってますか~」 「今日は6時までです」 展示物はすごーく少ないと思う。実際。これで1500円はガソリン税のせいかいな?? でも、学芸員さんの工夫で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「つぐない」

久しぶりに素晴らしい「映画」に出会ったという感じ。みなさま、是非みにいって下さい。 というわけで、これから見る人は、以下は読まないでください。 イギリスの田舎の高級官僚の家に育った、セシーリア(キーラ・ナイトレイ)と、家政婦の息子でセシーリアと同い年で主人の援助で一緒にケンブリッジに行った、ロビー(ジェームズ・マカヴ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「一瞬の風になれ 3 ドン」

佐藤多佳子話題の作品、3巻目。すべてはこのためにある(荻原規子いわく)。 その通りかな。 軽かった新二の語り口が、より確実により重く、そして真剣にそれから最後は神聖になっていく気がする。 ただ、「練習した」「タイムが縮んだ」「レースに勝った」「インターハイにいけた」だけじゃない、スポーツそのものの醍醐味がいっぱい、いっぱい詰ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ザ・ピアノボーイ」

中野ZEROホールにて、クラシックのコンサートを見に行く。 公的なホールらしく、お値段が3500円と格安。 前回の「幻のオラトリオ」を指揮した齊藤一郎を「見に」いってみた。 とにかく音楽はよくわからないので。 日本フィルハーモニー交響楽団に新進のピアニスト犬飼新之介を加えて。 一曲目、ピアノがはじっこにある、曲名は不明…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「幻のオラトリオ」 《若き民衆》

実はこれが自分に自分でのプレゼントでした。2月29日、初めての東京オペラシティコンサートホール。 クラシックどころか、ハーモニカも縦笛さえ吹けない音楽音痴の私が、いきたいと思っているのは「タンゴ」。 すでにコンサートには数回、特に小松亮太のファンで、彼のバンドネオンを聴きにいってるわけだ。 で、小松亮太が、アストル・ピアソラの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅里雪山 17人の友を探して

とりためておいたビデオを昨晩鑑賞。泣きながら最後まで見ました。 1991年1月3日、中国雲南省、梅里雪山に登頂中の京都大学の山岳部と中国の合同隊が遭難。かなり大規模な遭難だったらしい。 広い中国の、チベット自治区、ミャンマーとかとの国境近くの梅里雪山はチベット仏教の聖地のひとつ。みてもみてもその雄姿は美しすぎる。 数々の世界中…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

「Sweet Rain 死神の精度」

T氏と待ち合わせ、いってきました。 金城武様、大好き、「ゴールデン・ボウル」以来お目にかかっていません。「HERO」中国映画なのに、なぜかソフトたっち。でも最近ご無沙汰でした。 死神という非日常の存在が、人の生き様にかかわっていく、正しいのかどうなのか? それはなんだかわからないんだけど。 でも、なんだか金城君の存在は全…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

世界ダウン症の日~3.21 ラブ・ジャンクスのダンスをみた

原宿で、ラブ・ジャンクスのライブをみた。 合間にセミプロかとおぼしき方々のパフォーマンス入りで、合間にダウン症の子供達がヒップホップを踊る踊る。 楽しかった~今日は暖かかったし、風は強くないし。 現場には、ダウンの子たちもたくさん見に来ていた。 想像したより大勢の子供たちが本気で楽しく踊っているのをよくみると、ひとりひと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「一瞬の風になれ 2 ヨウイ」

2巻目を読んで、もうもう、っていうかんじ。荻原紀子曰くの3巻目ってどうなんだろう、すごいよきっと。 サッカーの天才選手を兄に持ち、サッカーに見切りをつけてなんとなく陸上部に入った神谷新二がスプリンターに目覚めて徐々に「らしく」なっていく姿も魅力なのだけれど、陸上競技が決して個人競技ではない、というところが本質ではないかと思う。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ボーン・アルティメイタム」

実は、池袋でやってたから大きい画面で!と意気込んだが、忙しいは、具合は悪いはで、断念。レンタルも待ってみたよ。 1・2作に続いて、手持ちカメラの撮影と、自分の体力と気力と知恵とだけで危機を乗り越えていく、ボーンがかっこいい。ただかっこいいのだ。 失った記憶を求めながら、CIAの陰謀に迫っていく。 結果として、自ら立候補して暗殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日

日付が変わって…自分で自分に、ハッピーバースディ。 今日は、滅多にない自分の誕生日だ。 昨晩の飲み会ではお花をもらった。うれしいな~~。 仲良しから、ハガキ、メール頂きました。 年はとるけど、これからもよろしくね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夜の東京ドライブ

としまえんで「オペラ座の怪人」が800円! ニュープリント版だ。 お持ち帰り仕事をダッシュで片づけ、1時間前に出発。 …考えが甘かった。川ごえで混み、大きな道路で混み、時間は過ぎちゃったから、近くまで行こうと走っていたら… 江古田?までいってしまった。 だから夜のドライブはね~見えないから。 そこでUターンして、もど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ファントム」

師匠と見比べるために青山劇場へ。 アメリカ産の「オペラ座の怪人」。日本初演は、宝塚宙組。演じるは和央ようかだった。 「ファントム」エリックは大沢たかお。 どんな感じかとわくわくしながら席に着く。 オープニングの音楽、「同じだ!」(なんたってサウンドトラックを聞きまくってたので) ファントムは男なので(宝塚とちがって)体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「エリザベス ゴールデン・エイジ」

公開初日に気合いを入れて行ってきました。 その前に食べた、おそばがおいしかったんだけど、ついてきたかき揚げがビッグで、気持ち悪くなっちゃった最悪。 でも、見てる内に全快。 ケイト・ブランシェットの白塗り顔で終わった前作の続き。 バージン・クイーンの強さともろさがえがかれています。 イギリスってやはり「石の国」ですね。建…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「紫禁城 天子の宮殿」印刷博物館

入場料300円で、VRシアターで公開中。中国故宮博物院と凸版印刷の合同プロジェクト第1弾。 半円形のシアター画面に向かってすわり、専門のお姉さんが解説しながら30分。1部は門から太和殿まで。太和殿ないの玉座を大映し、天上の彫り物まで。「ここが世界の中心」という中華思想。 ついでに?博物館もみました。印刷の全てがハイテクに展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テラビシアにかける橋」

ハシゴの片割れです。 子供のころの基地遊びや想像の産物との物語。 主人公は男の子、上に2人、下に2人女の姉妹がいる。学校ではいじめっ子やいやな上級生に囲まれている。憧れてるのは、音楽の先生(?) そこへ転校生の女の子(隣に住んでる) この子がもう、魅力的なんだな~すごく。 想像の世界に遊ぶ2人は、川の向こうへロープでジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more