halfway

アクセスカウンタ

zoom RSS 「一瞬の風になれ 3 ドン」

<<   作成日時 : 2008/03/31 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

佐藤多佳子話題の作品、3巻目。すべてはこのためにある(荻原規子いわく)。
その通りかな。

軽かった新二の語り口が、より確実により重く、そして真剣にそれから最後は神聖になっていく気がする。
ただ、「練習した」「タイムが縮んだ」「レースに勝った」「インターハイにいけた」だけじゃない、スポーツそのものの醍醐味がいっぱい、いっぱい詰まってます。

そもそも、「陸上」は天才のスポーツ(もしくは天才を目指す人の)と思っているから、自分は絶対やらないし、みもしない。その点、「水泳」は努力のスポーツの領域が大きいから好きだし、教えがいもあるし、みちゃう。特に好きなのは優秀な選手の水中映像、ため息がでちゃう。

結論として、最後まで脈々とこのお話の根底にあるのは。
「走りたい」
ということ。走ること自体が、実にシンプルで、「神聖」で「尊い」、と言うことなのです。

新二は子供のころから好き嫌いなくゴハンをいっぱい食べて、運動神経もよくって(サッカーのセンスは足りなかったけど)肉体的に鍛えることに耐えられる能力を持っている。
怪我もなく、どこまでいけるかわからない未知数と危険とが隣り合わせ。
運動しながら、「いま自分はどんなことしてるか」とか「いま自分がどんな状態か」ってわかるのは、きっと超一流のアスリートだけだと思う。

神聖な、走ることへの高みに登ろうとする、それに気づく若者達のすごく、すごく納得できる物語。人気があるのがよくわかる。おすすめします。
吐く程運動やった人も、吐く程運動やらせた人も、何もしたことない人も、きっと全ての人が「理解できる」そう思った。

1〜3巻とおして、キーポイントになるいいせりふがあるんだな。
特に「ケモノ」の世界に生きてる、体力のない天才、一ノ瀬連の言葉。
「おまえ、ボールなんかなけりゃもっと速いのに」
「おれ、おまえとかけっこしたくて陸上やってる」
「(200の練習しなかったら)新二に負ける」
「勝つ、仙波にもおまえにも」
ひょうひょうとした連のことばで、新二も気づくとこがたくさんある。

結果は、順位でもタイムでもインターハイでもない、それがこの話の終わり方。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「一瞬の風になれ 3 ドン」 halfway/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる