halfway

アクセスカウンタ

zoom RSS 「幻のオラトリオ」 《若き民衆》

<<   作成日時 : 2008/03/29 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

実はこれが自分に自分でのプレゼントでした。2月29日、初めての東京オペラシティコンサートホール。

クラシックどころか、ハーモニカも縦笛さえ吹けない音楽音痴の私が、いきたいと思っているのは「タンゴ」。
すでにコンサートには数回、特に小松亮太のファンで、彼のバンドネオンを聴きにいってるわけだ。
で、小松亮太が、アストル・ピアソラの作品オラトリオ《若き民衆》を日本で初演するというのでいってきたのだ。

オラトリオ…宗教的音楽劇。通常聖書に取材、語り手が進行役、独唱、合唱、管弦楽などで演奏される。聖たん曲。
つまりアルゼンチンタンゴの作曲家・バンドネオン奏者のピアソラが、バンドネオンをいれてつくったオラトリオ。編成が膨大なのでなかなか実現しないと言う代物。

コンサートのはじめは、プンタ・デル・エスタ組曲で新人がバンドネオン。
次に、小松亮太が自作品を発表。
次にオラトリオ《若き民衆》
脚本はオラシオ・フェレール。
語り手(ナレーター):パブロ・ヘンシル
独唱(女性歌手):カティエ・ビケイラ
指揮:齊藤一郎
バンドネオン:小松亮太
特別編成のオーケストラと合唱団

舞台わきの両側の縦のテロップに日本語訳が流れるんだ〜すごーい。
ナレーターの語りや歌が翻訳中。
筋があって、ラプラタ河の地下に洞窟都市があって、その住人はわれわれの過去あるいは未来の姿という着想から。
常に対立の要素を含みながら、歌と演奏が続く。

じつに不思議な世界が展開された。感動しました。

そのうえ、指揮者に惚れました。
前半は黒燕尾服。オラトリオは真っ赤なシャツ姿。指揮ふるすがたがかっこいい。
見た目から音楽に入ってはいけないのだろうけど。
と、ついに次のコンサートにも行ってしまった。報告はまた次に。

クラシックは全くわからないんだけど、ピアノ上手の友人に言わせると(上手と言うよりあと一歩でプロの方)音を聞くとすべて「ドレミ」できこえるんだって。だから自分は絵がわからないけれど、いいな〜と思うくらいの楽しみ方もいいのではないかって。じゃあ、それでいいのかな?ダンスだったら、いまあれダウンのリズムで、ポイント、スライドステップ、ロック…なんてこの前もわかるんだけどね。それはお互い様か。

でも、タンゴとバンドネオンは好き、それだけでいいか!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「幻のオラトリオ」 《若き民衆》 halfway/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる