halfway

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シルク」

<<   作成日時 : 2008/02/13 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

公開も後わずか、ということで見てきました(ハシゴのひとつ)

フランスの絹工場のお使いで、エルヴェは蚕の卵を買いに行く。
はじめはアフリカ。
そしてロシアを経由して日本へ2度旅立つ。
そこで、ハラ・ジュウベイに出会い、その(たぶん)妻にひかれる。これがジャパネスク美人?まったくしゃべらないんだけど。
妻は別れに文を握らせる。

帰国して、それをどうしてもしりたい彼は、リヨンの日本人の娼婦のところへ行く。
「帰ってきて、でないと死ぬわ」
死なないから気にするな、といわれる。しかし心の中に澱がのこる。
妻はキーラ・ナイトレイが演じる、地元で教師をやる美しく堅実な妻。いつも待ってばかり。

そして、3回目は自分の気持ち優先で日本へ。
状況は変わり、村は荒れている。そこへ下男の少年がいぜん彼が残した手袋をもって、行き先を教える。
逃げる一行に追いつくが、拒絶された上、少年が見せしめにつるされる。
ジュウベイは言う。「この少年こそが、私の妻のおまえへの恋文なのだ」と。

とりあえず買って帰った蚕もだめになり、絹工場も不振。
自宅の土地を庭園にするため人たちをやとう。庭園は妻の夢。

そして日本から手紙がとどく。
不思議な内容(また娼婦に訳してもらう)
私を感じるか?
私をわすれて?など。
それはジュウベイの妻がかいた物だと、さいごまで思う。

しかし、彼は妻が死んだ後気づく。
あの手紙は、娼婦が書いたのだと。
そしてパリへ尋ねていく。

真実が語られる。
手紙を書いたのは娼婦だが、書かせたのは彼の妻。
最後に妻の声で手紙の内容が語られると…まったく意味が違ってくる。
シルクのように肌触りのよい、他国の女に憧れたダンナを知っていて、なおかつ待ち続けた妻はどんなきもちで、あの手紙をつくったのだろう。

筋的には、はっきりしないが、雰囲気は上出来。
外国の映画にしては日本や日本人の描き方はまあまあでした。

疲れてない時に行くと、映画もよく見ることができます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
toms outlet
After examine just a number of of the weblog posts in your website now, and I actually like your way of blogging. I bookmarked it to my bookmark website record and can be checking again soon. Pls try my website as well and permit me know what you bel... ...続きを見る
toms outlet
2013/04/20 19:33
scarpe hogan
As a Newbie, I am always searching online for articles that can aid me. Thank you ...続きを見る
scarpe hogan
2013/04/20 19:33
sac louis vuitton
Howdy. Very nice site!! Guy .. Excellent .. Wonderful .. I will bookmark your web site and take the feeds also…I am glad to locate so much useful information here in the post. Thank you for sharing. ...続きを見る
sac louis vuitton
2013/04/20 19:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔します!
キーラ・ナイトレイ演じる主人公の妻の気持ちって、ほとんど描かれなかったじゃないですか!そういうシーンが少なかったというか。
ところが最後まで見てあの手紙の書き手が分かると、一気に彼女の気持ちが押し寄せてくるような、そんな余韻が残りました☆
繊細な映画でしたね。
マキサ
2008/02/13 23:20
マキサ様!どうも。
その通りですね、彼女はどんな気持ちだったか、どこにも描かれていませんでした。納得しました!
sakiura
2008/02/14 17:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シルク」 halfway/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる